カーネーションの手間なしカップ・アレンジメント。ふた付き(左)で持ち運びも手軽=河津町田中のかわづカーネーション見本園

 ■ふた付き、手軽に持ち運び 手間要らず2~4週間、観賞可能

 河津町田中の町営「かわづカーネーション見本園」でカーネーションのカップ入りフラワーアレンジメントを販売している。水替えや切り戻しの手間が全く要らず2~4週間観賞できる。ふた付きで花を傷めず手軽に持ち運びできる。

 町特産品のカーネーションは花色が豊富で日持ちが良いことなどから家庭でも気軽に楽しんでもらいたい―と、町産業振興課が県賀茂農林事務所や県農林技術研究所伊豆農業研究センターのアドバイスを得て今月、カップ・アレンジメントを売り始めた。

 高さ15センチ、直径7センチほどの透明プラスチック製カップを使用、養分入りの切り花用保水ゼリーを入れ、見本園で栽培するカーネーションを5~7本ほど生ける。花の種類は選べないが、まだ市場に出ていない新品種が入ることがある。

 同課は「家庭での花飾りが減る中、気軽に楽しんでほしい。玄関や洗面所など涼しい場所に置けば長持ちする」と話した。

 価格は1個500円、2個900円(税込み)。見本園は午前9時~午後4時。毎週水曜日(祝日時は木曜日)休園だが、河津桜まつり(来年2月10日~3月10日)中は無休。問い合わせは同課〈電0558(34)1946〉へ。

 【写説】カーネーションの手間なしカップ・アレンジメント。ふた付き(左)で持ち運びも手軽=河津町田中のかわづカーネーション見本園