楽しく餅をつく住民ら=東伊豆町奈良本の京王熱川マンション

 ■納豆、あんこまぶし味わう

 東伊豆町奈良本の京王熱川マンション管理組合法人(浦辺浩孝理事長)は30日、同マンション玄関前で餅つき大会を開き、住民ら約60人が楽しく懇親を深めた。

 40年以上続く恒例行事で災害時炊き出し訓練も兼ね行っている。まきを燃料に釜2個でもち米20キロをふかした。交互にきねを振り10臼をついた。餅は1番人気の納豆の他あんこ、大根おろし、きな粉にまぶし味わった。

 浦辺理事長は「多くのオーナーらが毎年楽しみにしている。長く続けたい」と話した。1月1日はロビーで初日の出を拝む迎光祭を行う。

 【写説】楽しく餅をつく住民ら=東伊豆町奈良本の京王熱川マンション