船上から次々とまかれる冷凍サンマや潮かつおに手を伸ばす住民ら=西伊豆町の安良里漁港

 ■漁船パレード大漁旗はためく 西海岸各地区で

 伊豆西海岸の各地区で2日、新春恒例の「漁船乗り初め」が行われた。大漁旗はためく漁船パレード、餅まきなどを威勢良く繰り広げ、航海の安全や豊漁を祈願。大勢の住民や観光客でにぎわった。

 このうち西伊豆町の安良里漁港では、冷凍サンマ約2300匹、潮かつおの切り身約40切れを、菓子やミカンなどと一緒に豪快にまいた。集まった人たちは接岸した第135豊幸丸に向けて、「こっちにちょうだい」と大きな声でアピールしながら、われ先にと手を伸ばした。

 小学生や3歳の子どもらと一緒に訪れた地元の家族連れは、「冷凍サンマは塩焼きにして食べたい。今年も一年、みんなが健康で過ごせるように願っている」とほほえんだ。

 【写説】船上から次々とまかれる冷凍サンマや潮かつおに手を伸ばす住民ら=西伊豆町の安良里漁港