■地元の作家や昭和の名士 

 下田市振興公社主催の「第7回伊豆下田陶芸展」と「郷土名書画美術展」が5~8日、下田市民文化会館小ホールで開かれる。

 陶芸展は、地元の倉前幸徳、小枝真人、杉浦健司、武田武人、土屋典康、増田晶の6氏が出品する。

 美術展では、「郷土下田 昭和の名士展」と題し、下田出身の名士、森一、菊池傳次郎、前田福太郎、村松春水らの作品を展示する。併せて2015年11月に亡くなった下田出身の書家鈴木静村さんの回顧展を開く。

 午前10時~午後5時。入場料500円(当日券のみ)。高校生以下無料。問い合わせは市民文化会館〈電0558(23)5151〉へ。