きらきら輝きながら群泳するマイワシ=下田海中水族館

 下田市三丁目の下田海中水族館は6日、アクアドーム・ペリー号の大水槽に、マイワシ2千匹を搬入した。きらきら輝くマイワシの群泳が、迫力を増した。

 体長は12センチほどで、西伊豆町の田子の水産業者から搬入した。エイなど大型の魚に捕食され、徐々に減っていくため、年に数回補充している。

 マイワシの総数は、今回の補充分を含め約5千匹となった。

 大水槽は、水深6メートル、水量6千トンで、伊豆の海で見られる約60種の魚を飼育している。「魚の餌付けショー」は、毎日3回(午前10時45分、午後0時45分、午後2時45分)行っている。

 【写説】きらきら輝きながら群泳するマイワシ=下田海中水族館