功労表彰を伝達される消防団員=東伊豆町立体育センター

 ■大規模災害に備えを

 2018年東伊豆町消防団(太田乃善団長、団員330人)出初め式が6日、町立体育センターで開かれ、表彰・感謝状を贈るなどして防災に取り組む士気を高めた。

 団員139人と各種団体から来賓約90人が参列した。太田長八町長は大規模災害への備えを訴え、「消防団の任務の重要性を再認識し町民生活の安心・安全の確保に向け、さらなる努力・精進を願う」と訓示、謝辞で太田団長は「さらに訓練を続け、町民の信頼に応える消防団にしていく」と決意を新たにした。

 表彰は、日本消防協会定例表彰精績章の山田富治夫副団長をはじめ功労・永年勤続団員らをたたえた。

 式後は、町役場前に移動、祝賀パレードや放水を機敏に繰り広げ火災予防をアピールした。

 【写説】功労表彰を伝達される消防団員=東伊豆町立体育センター