始業式で校歌を斉唱する児童たち=下田市の浜崎小

 賀茂地区の小中学校で9日、始業式が開かれた。子どもたちの元気な声が冬の校舎に戻り、3学期がスタートした。

 下田市の浜崎小(佐藤知佐子校長、児童100人)は体育館で式を行った。佐藤校長が、二宮尊徳について周囲の偏見に負けず勉強を続けたことを紹介。「像が前に足を出す姿なのは、信念を曲げずに一歩踏み出す勇気の大切さを示している」という遺族に伝わる話も披露し、その姿勢を見習うよう呼び掛けた。各学年の代表児童が3学期の抱負を発表し、校歌を斉唱した。

 式後、児童たちは冬休みの宿題を担任に提出した。

 【写説】始業式で校歌を斉唱する児童たち=下田市の浜崎小