「ジャンボかるた」の絵札を探す速さを競い合う子どもたち=西伊豆町の仁科幼稚園・保育園

 ■新春の遊びに挑戦

 西伊豆町立仁科幼稚園・保育園で9日、新年のお楽しみゲーム大会が開かれた。2~5歳児約60人が参加し、かるたや羽根つきなど新春らしい四つのゲームに仲良くチャレンジした。

 色別の4チームに分かれて競った。ゲームはカラーボールを使った「いっぱい詰めましょ! 袋詰め大会」のほか、積み上げる早さを競う缶積みや、「ジャンボかるた」など。

 ビッグサイズの絵札を使ったかるた対抗戦では、チームの代表が4人ずつ順番に参加。読み手の声に反応した子どもたちが、絵札に向かって勢いよく駆け寄り、見つける速さを競った。「取ったよ!」と自慢げに掲げると、拍手が送られた。

 大会に参加した園児らには「お年玉」も用意した。10日には地域を訪ね、駄菓子の買い物を楽しんだ。

 【写説】「ジャンボかるた」の絵札を探す速さを競い合う子どもたち=西伊豆町の仁科幼稚園・保育園