海風を浴びながらさっそうとコースを走る参加者=下田市白浜

 ■5―70歳の40人参加 3部門でゴール目指す

 下田アドベンチャーゲーム&サンライズ・ショート・バーティカルレース(同実行委員会主催)が28日、下田市内を会場に開かれた。県内外の5~70歳約40人が参加し、マラソンやラリーに挑戦しながら市内の冒険を楽しんだ。

 制限時間内に各チェックポイントを巡り、課題を解決して総得点を競う「アドベンチャーゲーム」はファミリー、ガールズ、カップルの3部門で行われた。参加者は地図や指示書を持ち、白浜大浜海岸前を一斉に出発。海岸沿いや町中を探索し、クイズを解くなどしながらゴールを目指した。「サンライズ~」では、夜明けと共にスタートし、寝姿山山頂までの標高差約200メートル、全長約3キロのコースを元気良く駆け抜けた。

 同イベントは東京都のイベント業者エクストレモが企画。一昨年に続き2回目。

 【写説】海風を浴びながらさっそうとコースを走る参加者=下田市白浜