伊豆各地の地場産品や加工品を販売する施設「IZUSORA」=河津町谷津

 ■IZUSORA 商品開発、生産者にノウハウ提供

 下田市の食品製造・販売業クックランド(本社・柿崎、遠藤一郎会長)は2月3日、伊豆半島13市町の地場産品・加工品と焼きたてパンを販売する施設「IZUSORA(イズソラ)」を河津町谷津の国道135号沿いにオープンする。500種類以上の特産品を取り扱うほか、各商品の生産者に新商品開発のノウハウを提供するといったサポートも行う。遠藤会長は「観光の原点である1次産業と地域の観光大使の役割を果たす6次産品を結びつけるプラットホームにしたい」と話している。

 同施設は鉄骨平屋建てで、販売面積約132平方メートル、駐車場14台分を整備。賀茂1市5町、熱海、伊東、伊豆の国市などの野菜・果物、海産物、それらを使った各種加工品、地域ブランド品といった物を取り扱う。商品産地の観光パンフレットも用意し、各地域のPRにも貢献する。焼きたてパン売り場では、約20種類のパンと6種類のブレンドコーヒーを販売し、10席のイートイン・コーナーで味わうことができる。

 同社は生産が途絶えかけている特産品の保護にも力を入れる方針で「町を守るには地元の特産・名産品を守る必要がある。ただ残念なことに人(生産者)が死ぬと一緒に消えてしまう。そうした物をイズソラで扱い、場合によっては当社も生産に協力するなどして商品の“DNA”を後世に残したい」としている。

 営業時間は午前9時半~午後5時。パンの販売は午前10時から。水曜日定休。問い合わせは31日から同施設〈電0558(36)3388〉へ。

 【写説】伊豆各地の地場産品や加工品を販売する施設「IZUSORA」=河津町谷津