河津桜まつりの実施計画を確認する対策協議会=河津町役場

 ■開幕控え実施計画確認

 河津町の第28回河津桜まつり実行委員会(会長=峰静雄・町観光協会長)は30日、町役場で第2回対策協議会を開いた。2月10日の開幕を控え、スムーズで安全な運営を図る実施計画を確認した。

 約40人が出席した。峰会長は「入り込み客100万人突破を目指し頑張っていく」と語気を強め、岸重宏町長は「町民が守り育てている河津桜を多くの人に楽しんでもらいたい」とあいさつした。

 実施計画は、交通対策、イベント、出店対策、総務の4部会が駐車場や誘導、臨時無料シャトルバス、食の安全への注意喚起、各種監視、トイレ、防災などについて報告した。

 イベントは、初日午前9時から笹原の河津桜観光交流館前でオープニングセレモニー、2月12日まで第8回B級ご当地グルメ大集合!、同23日に河津桜満喫ナイトウオーク、期間中に桜並木・名木のライトアップ、土・日曜日に伊豆の踊子との記念撮影などを繰り広げる。

 ■春イベント考慮道路工事自粛 下田土木、10日~1カ月

 県下田土木事務所は2月10日~3月10日、交通量が増大する春季観光イベント期間の渋滞対策として、車線規制を伴う道路工事を自粛する。時間は午前6時~午後8時。

 期間中、河津町で「河津桜まつり」(2月10日~3月10日)、南伊豆町で「みなみの桜と菜の花まつり」(同)、東伊豆町稲取で「雛(ひな)のつるし飾りまつり」(1月20日~3月31日)が開かれる。

 対象路線は▽国道135号(同事務所管内全線)▽国道136号(下田市中島橋交差点―南伊豆町下賀茂交差点)▽国道414号(新天城トンネル―下佐ケ野交差点)▽県道下佐ケ野谷津線(全線)▽県道稲取停車場線(全線)▽県道稲取港線(全線)。

 【写説】河津桜まつりの実施計画を確認する対策協議会=河津町役場