ユーモラスに「ねずみの嫁入り」を演じる団員=南伊豆町の青野公会堂

 ■ユーモラスに劇や歌 

 南伊豆町の保育士らによる「おっとっと劇団」(渡辺ふじ江団長、団員11人)が3日、青野の高齢者サロンで公演を行った。劇団のユーモラスな劇や歌を目当てに、高齢者だけでなく3人の子どもが集まった。サロンへの子どもの参加は初めてで、多世代で楽しいひとときを過ごした。

 青野公会堂で月1回活動する「青野おしゃべり会」(鈴木州司代表)の集会で公演が行われた。団員は頭と鼻にかぶり物を付け、「ねずみの嫁入り」を演じた。花婿を探して観客に話しかけるなどし、会場を沸かせた。

 鈴木代表は「せっかくなので子どもにも声を掛けた。集まってくれてうれしい」と話した。劇団は2010年、旧手石保育所職員が集まり結成した。現在は敬老会や施設訪問などを中心に活動している。

 【写説】ユーモラスに「ねずみの嫁入り」を演じる団員=南伊豆町の青野公会堂