高低差260メートルの“地獄”を楽しもう―と、東伊豆町で6月10日、「第3回伊豆稲取キンメマラソン」が開かれる。伊豆地区女性有志でつくる実行委員会が主催、給水所などで地元特産品や名物を提供する。2月28日まで参加者を募集している。

 ハーフ21キロ、10キロとエンジョイラン3キロの3部門がある。コースは、ハーフと10キロが町クロスカントリーコースをスタートし厳しいアップダウンに挑戦、3キロが稲取文化公園をスタート、いずれも海岸線を経て町役場前にゴールする。メーン給水所で特産品を、ゴールでキンメダイのみそ汁を振る舞う。

 参加費はハーフ6千円、10キロ4千円、エンジョイラン3千円。年代・男女別各種目3位まで表彰、全参加者にオリジナルTシャツを贈る。昨年は県内外から1981人が出場、タレントLiLiCoさんがゲストで走り交流、大会を盛り上げた。

 大会は稲取出身の自営業西塚良恵さん(伊東市八幡野)ら女性有志が実行委をつくり、稲取の魅力を発信し町おこしを図ろう―と一昨年創設した。

 申し込み方法など詳しくは大会ホームページへ。