翡翠色の花が見頃を迎えているジェードバイン=東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園

 東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園でジェードバインの花が見頃を迎えた。珍しい翡翠(ひすい)色の花房が来園者の目を引いている。

 マメ科のつる性植物でヒスイカズラの和名を持ち、花房がフジのようにつり下がる。原産地フィリピンでは絶滅危惧種として厳重に保護されているという。同園は1975(昭和50)年、国内で初めて開花させた。

 今年は、春先の寒さの影響で開花が1カ月近く遅れ、見頃入りも2週間ほど遅かった。本園6号温室入り口付近に100本ほどの花芽があり、次々と花開く。

 湖西市から家族5人で旅行に来た会社員鈴木秀宣さん(40)は「あまり見ない色で花とは思えない」と話し見入った。

 見頃は5月の連休ごろまで続くという。

 【写説】翡翠色の花が見頃を迎えているジェードバイン=東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園