日本武道館主催大会で活躍した(左から)辻井さん、矢田部さん、鈴木さん

 南伊豆町青市の書道教室・さと海会に通う3人の生徒がこのほど東京都の日本武道館が主催する第54回「全日本書初め大展覧会」席書大会に参加した。武道館で全国の約3千人と一緒に筆をとった。鈴木せいらさん(南伊豆東小3年)と矢田部葵衣さん(同5年)は、上位の日本武道館賞を受賞した。

 幼児から一般まで参加する国内最大級の書き初め大会で1月に行われた。予選突破者だけが出場でき、本大会の作品総数は5675点で、同賞は162~866位に贈られた。

 鈴木さんは「武道館で書いたのは初めて。線を太く工夫した」、矢田部さんは「冬休みにたくさん練習した。受賞できてうれしい」と話した。辻井樺音さん(稲生沢小5年)も本大会に出場し特選を受賞した。

 同展覧会は公募部門もあり1万720点が集まった。同教室の入賞者は次の通り。

 日本武道館賞 鈴木せいら▽特選 矢田部葵衣、辻井樺音、山田ひまり(南伊豆認定こども園5歳児クラス)土屋心和(浜崎小2年)近藤稟莉(南伊豆東小3年)高橋乃愛(同)鈴木心実(南中小4年)小沢一晴(下田東中1年)小沢波宜(下田東中3年)高橋奈子(同)

 【写説】日本武道館主催大会で活躍した(左から)辻井さん、矢田部さん、鈴木さん