コンビニのマルチコピー機で証明書交付サービスの操作をする太田町長=東伊豆町稲取

 ■賀茂地区初

 東伊豆町は2018年度がスタートした1日、新規事業の各種証明書のコンビニ交付サービス稼働開始セレモニーをセブン−イレブン伊豆稲取店で行った。

 太田長八町長がマルチコピー機を操作し1分ほどで住民票の写しの交付を受けた。「画面の案内通りにするだけで至って簡単。町民の利便性が向上する。多くの人に活用してほしい」と話した。

 同サービスは、写真付きマイナンバーカード(利用者証明用電子証明書付き)を使って、住民票や戸籍の謄本・抄本、印鑑登録や所得・課税の証明書、戸籍の付票の写しの交付を全国の大手コンビニで受けられる。賀茂地区初の取り組み。町内住所登録者を対象にしている。

 時間は午前6時半~午後11時(戸籍関係は平日午前9時~午後5時)。手数料は戸籍謄・抄本450円、それ以外200円。問い合わせは町住民福祉課窓口係〈電0557(95)6203〉へ。

 【写説】コンビニのマルチコピー機で証明書交付サービスの操作をする太田町長=東伊豆町稲取