多彩な花が見頃となっている「かわづカーネーション見本園」=河津町田中

 ■360種、1万4千株

 河津町営「かわづカーネーション見本園」で花が見頃となり、多彩な花色で来園者を魅了している。

 県内有数の生産量を誇るカーネーションの栽培研究と花の町のイメージアップを図るため町が管理運営する施設。約330平方メートルのハウスに、今季は市場に出荷されていない338品種8千株と、町で主に出荷している22品種6千株の計360品種1万4千株を栽培している。

 大輪系はピンク色の「羽衣」、薄紫色に濃い紫色の縦じまが入った「ユカリスクーロ」、花数が多いスプレー系は白い星形の「スタースノーテッシノ」などが目を引いている。生育は順調で今後も次々に花開くという。

 開園は5月13日まで午前9時~午後4時。毎週水曜日は休園。入園料は大人300円、小中学生100円。問い合わせは町産業振興課〈電0558(34)1946〉へ。

 【写説】多彩な花が見頃となっている「かわづカーネーション見本園」=河津町田中