宣誓文を読み上げる新入生代表=下田市の下田高

 ■高校生活スタート

 県立下田高(綾部信明校長)で6日夕方、定時制課程の入学式が開かれた。学業と労働の両立を目指す新入生10人が、高校生活のスタートを切った。

 綾部校長が、入学許可宣言に続き「定時制課程では友達の存在が大きな力になる。困ったり、悩んだりした時に相談できる相手がいると学校生活を続ける活力になる。互いに笑顔で卒業できるように励まし合い、夢を諦めず頑張ってほしい」と呼び掛けた。新入生代表の山本鈴乃さんは「高校生の本分に背かず、校則を守り学業に励みたい」と宣誓文を読み上げた。

【写説】宣誓文を読み上げる新入生代表=下田市の下田高