東海大会、全国大会に挑む日本空手協会西伊豆支部・昌空館の生徒たち

 ■全国、東海へ

 日本空手協会西伊豆支部・昌空館(稲葉浩二支部長)で稽古を重ねる生徒8人がこのほど、焼津市で開かれた第61回日本空手協会県空手道選手権大会で好成績を収め、全国大会、東海大会出場を決めた。鈴木那凰君(田子小5年)は形の部で優勝、組み手の部で準優勝した。

 約千人が出場し、学年別に優勝を争った。男子は上位8位、女子は6位までが全国大会に出場できる。東海大会は男女10位まで。

 全国・東海大会に向けて鈴木君は「練習を頑張ってベスト8を目指したい」と話した。同道場の佐藤聖人指導員は「日頃の稽古の力を出せれば全員良い結果を出せるはず。強い気持ちで挑んでほしい」と激励した。

 東海大会は6月17日に浜松市で、全国大会は8月4、5日に宮城県利府町で開かれる。

 鈴木君を除く結果は次の通り(かっこ内は学校名)。

 【形の部】小学4年男子 (10)関大輔(松崎)▽小学5年男子 (10)山田圭佑(同)

 【組手の部】小学5年男子 (3)山本優真(田子)(5)佐藤拳心(松崎)(6)早坂陽佑(同)▽小学6年女子 (8)関晴菜(同)▽中学3年男子 (7)関倖平(松崎)

 【写説】東海大会、全国大会に挑む日本空手協会西伊豆支部・昌空館の生徒たち