大きなくわを振りタケノコを掘るさくら幼稚園児=河津町田中

 河津町立さくら幼稚園(竹内佐紀子園長)は16日、田中のハジット山・竹の子の里でタケノコ掘りを行った。年長児42人が大歓声を上げ楽しんだ。

 町が管理する竹林で自然に親しむ恒例行事。園児の祖父で子ども時代からタケノコ掘りをしている土屋茂さん(67)と堤国仁さん(63)が協力し「周りの土を掘ったらタケノコの曲がった内側にくわを入れて採る」とこつを教えた。

 園児たちは「あったよー」と大きな声を竹林に響かせ「よいしょ」の掛け声に合わせて順番に大きなくわを振った。田畑脩蔵君(5つ)は「大きいのが掘れてうれしい」と声を弾ませた。

 収穫したタケノコは園に持ち帰り下ゆでした。17日、おやつで味わう。

 【写説】大きなくわを振りタケノコを掘るさくら幼稚園児=河津町田中