下田、南伊豆のイベントをPRする関係者ら=東京都台東区のびゅうプラザ上野

 ■「初夏の伊豆へ旅行を」

 下田温泉旅館協同組合(土屋直理事長)と下賀茂温泉旅館組合(渡辺洋次郎理事長)はこのほど2日間、首都圏で合同観光キャラバンを行った。両組合と下田市、南伊豆町の観光協会関係者など21人が、東京都を中心に大手マスコミや旅行会社の支店など計27カ所を訪問。静岡デスティネーションキャンペーン(DC)のプレイベントとして、初夏の旅行商品をPRし、観光客誘致への協力を求めた。

 キャラバン隊は4班に分かれてJTBやJRびゅうプラザなどを訪れ、下田の黒船祭やあじさい祭・きんめ祭り、南伊豆のやまつつじまつりやサンセットクルーズの魅力、本年度の注目ポイントを紹介した。観光パンフレットやポスター約1千枚も配布し、店頭や関連施設への掲示なども依頼した。

 下田温泉旅組の井出修二宣伝部長は「DCのプレイベントになるので、かなり積極的に協力してくれる感触を受けた」と成果を語った。

 【写説】下田、南伊豆のイベントをPRする関係者ら=東京都台東区のびゅうプラザ上野