モネの「ルーアンのセーヌ川」

 企画展「美を旅する」を開催中の上原美術館は、関連イベント「みんなで大きな黒い船を描こう!」の参加者を募集している。

 企画展で展示しているモネの「ルーアンのセーヌ川」(1872年、静岡県立美術館蔵)を、みんなで模写する。絵の中の帆船を黒船に見立て、下書きをして3分割した約3×4メートルの大きな布(ターポリン素材)に、アクリル絵具を使って描く。

 大きなモネの絵を模写することで、印象派の画家が用いた分割筆致(絵具を混ぜずに描く技法)を体験することができる。

 絵は5月4日午前10時~午後4時半、道の駅・開国下田みなとで描く。定員30人。参加無料。完成作は「黒船祭」(5月18~20日)終了まで道の駅・開国下田みなとの東側外壁に展示する。申し込み、問い合わせは同美術館〈電0558(28)1228〉へ。

 【写説】モネの「ルーアンのセーヌ川」