■設計図書の貸し付けも

 同漁協が26日、整備計画を正式決定したことを受け、町が議会に報告した。町は5月の大型連休明けにも、国県からの補助金計約1億2千万円を計上した2018年度一般会計補正予算案を臨時議会に提出する。補助金は町を通じ同漁協に交付される。

 町単独補助金については、町が「町の活性化のための事業でもあり、漁業振興という大きな目的がある」と強調したが、議会から「漁協の要望を受けてからにしてはどうか」と求められた。町は同漁協と対応を検討し、議会と協議していく。