鮮やかな深紅の花びらが目を引く「ドンファン」=河津町峰の河津バガテル公園

 ■6日まで小中学生無料

 約6千株のバラが優美に咲き誇る「春バラフェスタ」が28日、河津町峰の河津バガテル公園で開幕した。ガイドツアーや講習会といった各種イベントも開催して来場者を迎える。6月30日まで。

 同公園には、約1100品種のバラが植栽されており、一部は既に見頃を迎えている。鮮やかな深紅の花びらが目を引く「ドンファン」などのつるバラが色づき始めた。関係者によると「4月に温かい気候が続いたため、例年と比べ10日ほど開花が早い。大型連休後半には最盛期に入る」という。

 初日のオープニングセレモニーでは、岸重宏町長が「体の五感を使って、一つ一つのバラ(の魅力)を楽しんでほしい」と来場者に呼び掛けた。

 フェスタの期間中、5月6日まで小中学生が入園無料になるほか、乗馬体験、夜間ライトアップ(5月19、20日、6月2、3日)花摘み講習会といったイベントもある。問い合わせは同公園〈電0558(34)2200〉へ。

 【写説】鮮やかな深紅の花びらが目を引く「ドンファン」=河津町峰の河津バガテル公園