5日に開かれる「河童祭り」のポスター=河津町谷津の栖足寺

 ■5日に「河童祭り」 妖怪書画家・蘭陵亭子梅さん 屏風絵ペイント

 河津町谷津の「河童(かっぱ)の寺」栖足寺(せいそくじ、千葉兼如住職)は5日、同寺で「河童祭り~きゅうり封じ御祈祷会(ごきとうえ)~」を開く。妖怪書画家・蘭陵亭子梅(らんりょうてい・しばい)さんのライブペイント、国際的舞台に立つ吉原狐(きつね)社中(東京・浅草)の舞も繰り広げる。

 河童と関わり深いキュウリを扱う祈祷を行い、地域の人々に寺を一層身近に感じてほしい―と、昨年に続き2回目。きゅうり封じは、弘法大師が救世利民・病気平癒の秘法として伝えたとされ、全国的に行われる。人の立ち姿に似たキュウリに病根や願い、邪気を封じ込み持ち去らせるという。祈祷料は2千円。午前11時~午後5時。

 蘭陵亭さんは11時から龍と河童の屏風(びょうぶ)絵を描く。吉原狐社中は、江戸時代からの伝統を礎に現代でも通じる舞や神楽を創作、一昨年フランスで開かれたジャパン・エキスポに出演した。1時と3時から「招福・河童の舞」を披露する。

 入場無料。問い合わせは同寺〈電0558(32)0896〉へ。

 【写説】5日に開かれる「河童祭り」のポスター=河津町谷津の栖足寺