シーカヤック体験を楽しむ生徒たち=西伊豆町の大田子海岸

 ■大田子の自然楽しむ

 西伊豆町の大田子海岸で8日、東京都荒川区にある全国屈指の進学校、開成高の1年生約50人が体験学習でシーカヤックに挑戦し、雄大な自然を楽しんだ。

 NPO法人伊豆自然学校理事長の鈴木達志さんらが講師を務めた。大田子海岸を発着点に、尊之島の洞窟などを巡った。生徒たちはカヤックの操縦に悪戦苦闘しながらも、自然の中でマリンレジャーを満喫した。

 冨樫悠君は「西伊豆は人の手がつかずに残っている自然が多いと感じた。新鮮で楽しかった」と話した。鈴木さんは「自然を楽しみ、西伊豆の良さを知ってほしい」と思いを語った。

 同校の研究旅行の一環。「伊豆・箱根の自然、歴史を学び、親睦を深める」がテーマで、1年生約400人が、伊豆半島を中心に6コースに分かれて、体験や見学に取り組んだ。過去には開成中がトンボロやジオサイトの見学で同町を訪れたことがあった。

 【写説】シーカヤック体験を楽しむ生徒たち=西伊豆町の大田子海岸