目当ての干物などを買い求める来場者=下田市外ケ岡の市魚市場

 ■キンメみそ汁に列

 第9回伊豆漁協水産まつりが16日、下田市外ケ岡の市魚市場周辺で開かれた。鮮魚や干物、地場産品の特売、キンメダイのみそ汁のサービスなどがあり、朝から大勢の市民らが訪れにぎわった。

 来場者は、イカやサバ、サザエなど好みの魚介類を手に取り、気に入った物を次々と購入した。キンメダイのみそ汁にはサービス開始前から長い列ができた。さんまずしやいか様丼、キンメコロッケなども販売したほか、餅まきや疑似魚釣りゲームなども繰り広げた。下田のゆるキャラ・ぺるりんも参加した。

 島田市から家族4人で来た河村幸巳さん(40)は「朝早くに来て、目当ての魚介を買うことができた」とうれしそうに話した。

 【写説】目当ての干物などを買い求める来場者=下田市外ケ岡の市魚市場