民家の壁まで土砂が迫った崩落斜面=下田市中

 発達した梅雨前線の影響で20、21日、賀茂地区は大雨に見舞われた。一部で土砂崩れが発生し、南伊豆町上小野の県道下田南伊豆線が一時全面通行止めになった。下田市では20日夕方から21日朝にかけ避難準備情報が出され、中の住宅地で民家の裏の斜面が崩れた。

 降り始めからの雨量は午後3時までに河津町梨本230ミリ、東伊豆町奈良本熱川169ミリ、松崎町大峠157ミリ、下田市中145ミリを記録した。

 上小野では21日早朝、上小野口バス停から西へ約400メートルの場所で土砂が道路をふさいでいるのが確認された。午前5時45分ごろから通行止めになり4時間半後に復旧した。

 中では民家の裏の斜面が4メートルほど崩落し壁面に達した。50センチほどの落石もあった。近くに住む50代女性は「すごい雨と風だったが、崩落には朝になって気付いた」と話した。

 【写説】民家の壁まで土砂が迫った崩落斜面=下田市中