下田市内の店舗で使用できるポイントカードや共通商品券を発行していた協同組合下田クレジットが25日に解散し、静岡地裁下田支部に破産手続きの開始を申し立てたことを受け、東海財務局は供託金から一部払い戻しの可能性がある商品券について、大切に保管しておくよう保有者に呼び掛けている。

 東海財務局によると、同組合が発行していた商品券は(1)協同組合下田クレジット「共通商品券 金500円」券(2)下田市商店連合会「共通商品券 金500円」券(3)下下田市商店連合会「商品券 金500円 下田市商店連合会加盟店共通」券−の3種類。今後の取り扱いについては、同局のホームページや官報などで通知するという。

 問い合わせは東海財務局理財部金融監督第4課〈電052(951)2494〉、または同局静岡財務事務所理財課〈電話054(251)4321〉へ。