作製した動画を見ながら雑談する(左から)リュウさん、リンジーさん、デイナさん、ジリアンさん

 ■ALTとCIR4人 グルメ、ジオなど紹介

 西伊豆町で活動する外国語指導助手(ALT)と国際交流員(CIR)の4人が、同町をPRする動画を作り、動画投稿サイト「ユーチューブ」とフェイスブックで配信している。世界に西伊豆町の魅力を発信するとともに、町にインターネットを活用した観光PRの重要性を伝えている。

 ALTのリンジー・ベローンさん(30、米国)、ジリアン・チェンバーズさん(29、ジャマイカ)、デイナ・ナイバーグさん(24、米国)さん、CIRのリュウ・イーフイさん(26、シンガポール)が協力して作り、空撮映像は地域おこし協力隊の本間一成さん(41)の力を借りた。

 動画は「GO NISHIIZU」シリーズで全5本。3カ国語に対応している。各動画で「西伊豆町へのルート」「地元グルメを中心とした食べ物」「ジオパーク」「温泉」「夕日」をテーマに、4人が魅力を紹介する内容になっている。

 4人は英語圏の観光客が少ないことから、外国人向けに西伊豆町をPRする動画を作ることを考えた。「会員制交流サイト(SNS)などを活用したPRは下田市や沼津市と比べ遅れている」「外国人観光客にはSNSが重要」と町の観光PRの弱点を指摘。その上で「動画を撮りインターネットにアップロードする技術は10年前のものだが、SNSの重要度は10年前よりも高まっている」「SNSの価値を高め、うまく活用してほしい」と話した。

 【写説】作製した動画を見ながら雑談する(左から)リュウさん、リンジーさん、デイナさん、ジリアンさん