増田さんにシュノーケリングを教わる学園の子どもたち=南伊豆町伊浜の波勝崎苑

 ■波勝崎苑が招待

 南伊豆町伊浜の波勝崎苑は1日、伊東市の児童養護施設・川奈臨海学園の子ども5人を招きマリンスポーツ体験を初めて行った。伊浜区の地引喜久雄区長や苑内でダイビング指導をしている下田ダイバーズ(増田和昌さん経営)が一緒に泳ぎ、南伊豆の海を一日満喫した。今後、毎年実施していくという。

 増田さんが恵まれない子どもの里親の登録をしている縁で今回、力になれることをしようと苑や区と協力し企画した。

 子どもたちは学園職員に引率され車で2時間ほどかけ到着した。シュノーケリングとダイビングに分かれ、簡単な講習を受けて澄んだ海に飛び込んだ。陸に上がるとニザダイやスズメダイなど海中で見つけた魚について熱心に話した。南伊豆産の魚介類を使い海辺でバーベキューもした。

 地引区長は「子どもが大喜びしてくれて何よりよかった」、増田さんは「自分たちにできるのはこれくらい。区や苑の協力で実現できた」と話した。

 【写説】増田さんにシュノーケリングを教わる学園の子どもたち=南伊豆町伊浜の波勝崎苑