発行された認知症ケア冊子第2版=東伊豆町役場

 ■6500部全戸配布

 東伊豆町はこのほど、認知症ケア冊子「住民と介護家族のためのあんしん支えあいマップ」第2版を発行した。相談チェックシートを新たに加え利便性を高めた。6500部印刷し全戸配布している。

 認知症の人と家族への支援の意識啓発、行政サービスなどを網羅し3年前に初作製した。第2版は、高齢化率が43・8%(6月1日現在)になり、要介護者の家族らを支え合う意識を高め、住み慣れた地域で安心して暮らしていけるようにするのが狙い。

 A4判カラー刷り12ページで、認知症の症状やチェックリスト、進行に合わせた支援の道筋、医療機関、町の取り組みなどを掲載した。相談チェックシートは切り取って医療機関に提出できるようになっている。内容は町のホームページにも載せている。

 町健康づくり課は「認知症の人は増える傾向にある。冊子を活用し早期の相談、受診につなげてほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同課〈電0557(95)1124〉へ。

 【写説】発行された認知症ケア冊子第2版=東伊豆町役場