ロケツーリズムによる地域振興を説明する藤崎さん=下田市民文化会館

 ■藤崎さん、ツーリズム語る

 下田市は10日、地域振興セミナーを市民文化会館で開いた。市内外から観光やまちづくり関係者など約30人が出席し、地域活性プランニング代表取締役の藤崎慎一さんを講師に「ロケツーリズムによる効果的な地域プロモーション」を学んだ。

 藤崎さんは、ロケツーリズムについて「映画やドラマのロケ地を訪ね、風景と食を堪能し、人々のおもてなしに触れ、その地域のファンになること」と説明した。

 ロケ誘致に力を入れる神奈川県綾瀬市や藤沢市などの成功事例を紹介。受け入れポイントとして(1)ヒアリングシート(2)規約書(3)組織的な対応―の“三種の神器”を示し「しっかりと打ち合わせをし、タレントの写真使用や施設使用料などを確認した上、窓口を一本化して組織的に対応することが重要」と指摘した。

 藤崎さんは、リクルート社を経て2003年に地域活性プランニングを設立。企業コンサルティングを主業務とする一方、“ロケツーリズム”と“ご当地グルメ”による全国各地の地域活性事業を実践。国内初のロケ地情報誌「ロケーションジャパン」を発行する。

 【写説】ロケツーリズムによる地域振興を説明する藤崎さん=下田市民文化会館