濃い紅色の花が咲き誇るフィシフォリア・ユーカリ=東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園分園

 東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園でフィシフォリア・ユーカリの花が満開となり、濃い紅色1株とオレンジ色2株が樹冠を覆うように咲き誇っている。

 ユーカリはオーストラリア原産、フトモモ科の常緑高木で一部の種はコアラの餌として知られる。花の美しい種は栽培が難しく寒さにも弱いため、開花株は国内でも数えるほどしかないという。

 同園では1975(昭和50)年に導入し分園ボイラー室付近に植栽、高さ10メートルほどに伸び毎年7月に約2センチの花々が房状に咲く。今年の開花は例年より2週間ほど早かった。同園は「ここ数年で花数が一番多い」と話した。見頃は16日ごろまで。問い合わせは同園〈電0557(23)1105〉へ。

 【写説】濃い紅色の花が咲き誇るフィシフォリア・ユーカリ=東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園分園