総会であいさつする役員たち=西伊豆町の堂ケ島ニュー銀水

 今年で創業90周年を迎えた南伊豆町湊の長田建設工業(長田芳郎社長)は協力会社とさらなる親交、共存、安全第一を図るため、協力会「長田建設工業 青翔会」を立ち上げた。このほど、西伊豆町の堂ケ島ニュー銀水で設立総会を開き、県東部を中心に加盟する81社から71人が出席し、初代会長に塩崎工業社長で南伊豆町商工会長の大野浩典さんを選出した。

 協力会社から設立の要望があったことから、90周年の節目に合わせ設立した。大野会長は「安全第一というわれわれの責務をより確かなものとするために立ち上げた。多くの人が参加してくれたことをうれしく思う」とあいさつした。長田社長は青飛会の活動について「皆さんの役に立つ活動を目指したい。防災、減災に向けて青翔会として何ができるのか、何をすべきなのか考えていきたい」と思いを語った。

 事業計画では土木・建築現場の定期安全パトロール、講習会の開催、地域貢献活動などに取り組むことを決めた。

 設立総会後は安全大会も開催した。

 会長を除く役員は次の通り。

 副会長 渡辺一誠(渡辺電気商会)望月剛英(望月タイル)▽理事 中山真樹(中山石工)佐野早人(下田内装)小室宏治(南州工営)堀口正敏(堀口組)扇谷諭司(司工務店)▽監事 佐藤雅英(佐藤雅英税理士事務所)小関三郎(小関建設)

 【写説】総会であいさつする役員たち=西伊豆町の堂ケ島ニュー銀水