ジオサイトの紹介方法について学ぶ参加者=松崎町環境改善センター

 ■宿泊業者ら15人

 松崎町グリーンツーリズム推進協議会はこのほど、町環境改善センターで、宿泊業者らを対象としたジオパーク勉強会を開いた。15人が参加し、本格的な夏の観光シーズンに向けて、ジオサイトを紹介するための知識と観光客の満足度向上のためのテクニックを学んだ。

 伊豆半島ジオガイド協会西伊豆エリア長の渡辺攻さんが講師を務めた。渡辺さんは室岩洞について「海底に積もった火山灰が岩となった。かつては採石場だった」と分かりやすく説明。さらに「夏は涼しく、冬は暖かい場所。ただしコウモリがいるので注意」と、少しの情報を加えることが満足度向上に役立つとアドバイスした。

 近隣市町のジオサイトも簡単に紹介し「松崎町で観光客を囲うのではなく、近隣市町まで足を運んでもらい、楽しむことによってリピーターとなるだろう」と話した。

 【写説】ジオサイトの紹介方法について学ぶ参加者=松崎町環境改善センター