岩瀬副署長から感謝状を受ける小山さん=下田署

 下田市の白浜大浜海岸で沖合に流された女性3人のうち1人を救助したとして、下田署(山本寿久署長)は26日、東京都八王子市の小学校教員小山恵さん(47)に署長感謝状を贈った。

 小山さんは今年6月17日、サーフィン中に沖合の岩場で助けを求めるTシャツ・短パン姿の女性を発見。より遠くに流された仲間が他に2人いることを知って、自らの危険を顧みず救助に向かい、うち1人を助けた。海上に残された2人も自力で陸に戻るか消防に救助されて無事だった。当日は晴天だったがやや波が高かったという。

 同日に同署で贈呈式が開かれ、岩瀬盛一副署長が感謝状を手渡した。小山さんは当時を振り返り、体力的に厳しくて1人しか救助できず、陸に戻る時に自責の念に駆られたと言うが、「他の人も助かってよかった。役に立つことができた」と話した。

 【写説】岩瀬副署長から感謝状を受ける小山さん=下田署