決起大会で紹介を受ける候補選手たち=下田市の中央公民館

 第19回県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)に向けて、下田市実行委員会は31日夜、決起大会を中央公民館で開いた。候補選手や関係者ら30人以上が集まり、本番に向けて結束を強めた。

 太田俊春実行委員長が「競い合い努力する気持ちを忘れず、個々の力を高めてチームの力に変えてほしい」とあいさつ。市教育委員会の佐々木文夫教育長は「チーム下田として一丸となり、昨年の記録を更新してほしい」と呼び掛けた。候補選手の紹介に続いて大会概要の説明もあった。

 下田市チームは、今月21日から敷根公園で週2回程度練習し、10月上旬に登録メンバー20人を選出、11月下旬にエントリー選手を決定する。大会本番は12月1日で静岡市内を会場に行われる。

 【写説】決起大会で紹介を受ける候補選手たち=下田市の中央公民館