氷のまかれたステージに上がり来館者と記念撮影するフンボルトペンギン=下田市三丁目の下田海中水族館

 下田市三丁目の下田海中水族館(阪本清嗣総支配人)は3日、連日の猛暑が続く中、館内の動物たちに少しでも涼んでもらおうと氷をプレゼントした。

 フンボルトペンギンの記念撮影ステージには大量の氷がまかれ、ショーを終えたペンギンたちがよちよち歩きで登場。来館者たちは「かわいい」と歓声を上げて大喜びしスマートホンやデジタルカメラで撮影を楽しんだ。

 ゴマフアザラシやカマイルカ、コツメカワウソにも魚入りの氷塊やキューブ状の氷が与えられた。

 同水族館の浅川弘さんは「動物たちにとっても、もともとの生活環境と比べて今年の夏は暑すぎる。何とか乗り切ってほしい」と額の汗を拭いながら話した。

 【写説】氷のまかれたステージに上がり来館者と記念撮影するフンボルトペンギン=下田市三丁目の下田海中水族館