下田市史編さん委員会が撮影場所の情報提供を呼び掛けている写真

 ■幕末の下田? ここはどこ?

 さて、ここはどこでしょうか―。下田市史編さん委員会は、南伊豆地方で幕末か明治初めに撮影したとみられる写真の場所について、情報提供を呼び掛けている。

 この写真は、オーストリア国立図書館に所蔵されている。目録には「伊豆の近くの川の風景」とあり、撮影年代や場所は不明。「下田市史 別編 幕末開港」を著した国立歴史民俗博物館の樋口雄彦教授から市史編さん委員会に問い合わせがあった。

 写真は、手前に武士とみられるちょんまげ姿の人物と、僧侶とみられる坊主頭の人物が写る。水辺の左側にかやぶき屋根の建物、右側にも複数の建物が写っている。右端には犬に似た動物のようなものも見られる。

 周辺の景色は現在、大きく変貌しているとみられ、場所の特定には向こう側の山並みが決め手となりそう。

 心当たりの人は、平日に下田市教育委員会生涯学習課〈電0558(23)5055〉へ。

 【写説】下田市史編さん委員会が撮影場所の情報提供を呼び掛けている写真