帆をなびかせて石廊崎沖を目指す参加艇=下田市の下田港沖

 トランス・サガミ・ヨットレース2018(外洋湘南、三浦外洋セーリングクラブ、リビエラリゾートクラブ主催、国土交通省関東運輸局など後援)が4、5の両日、下田市の下田港沖を出発点に開催されている。初日は同レースの「第13回県知事杯石廊崎レース」を行い、県内外から31艇が参加した。

 県知事杯は下田港沖を発着点に、南伊豆町の石廊崎沖を折り返す約25キロのコース。東の風約5メートル、波の高さ約1メートルという海況の中、参加艇は一列に並び一斉にスタートを切った。帆をなびかせながら勢いよく海上を進んだ。

 2日目のトランス・サガミ・ヨットレースは、下田港沖−網代埼浮標−小網代湾口(神奈川県三浦半島)の約78キロのコースで行う。

 【写説】帆をなびかせて石廊崎沖を目指す参加艇=下田市の下田港沖