伊豆縦貫自動車道の建設現場を視察する石井国交相(中央)=河津町逆川

 ■副知事や市町長ら案内 

 石井啓一国土交通相が6日、伊豆縦貫自動車道などの整備状況を視察した。伊豆縦貫道の建設現場を、石井国交相が視察するのは初めて。賀茂地区では、今年5月に河津下田道路2期工区のトンネル工事に着工した河津町逆川の工事現場を視察した(インターチェンジ=IC名は仮名)。

 逆川の工事現場では、土屋優行副知事、賀茂地区の市町長や議員など約50人が迎えた。沼津河川国道事務所の工事担当者がトンネル工事の進ちょく状況を説明した。

 引き続き、土屋副知事と各市町長が「工事が進み、地元では全線開通への期待が高まっている」「一日も早い全線開通を」などと整備促進を要望した。石井国交相は、本年度中の開通を予定している天城北道路について「くれぐれも河津桜まつりに間に合うよう、(沼津河川国道事務所の)所長に言ってある」と述べた。

 この後、石井国交相は、天城北道路、狩野川放水路、東駿河湾環状道路、沼津駅付近連続立体交差事業、柿田川湧水池を視察した。

 今回の視察には、伊豆縦貫道の早期完成を願う地元の熱意に加え、公明党の大口善徳衆院議員(比例東海ブロック)の強い働き掛けがあったという。

 沼津―下田間約60キロを結ぶ伊豆縦貫自動車道は、東駿河湾環状道路に続き、本年度中に修善寺IC―天城湯ケ島IC間の天城北道路が全線開通する。河津下田道路は下田北IC―下田IC間の1期工区に先行し、既に河津IC―下田北IC間の2期工区が着工。天城湯ケ島IC―河津IC間の天城越え区間は、国道136号の西側を通る西側ルート帯に決定し、環境影響評価(アセスメント)のための調査が進んでいる。

 【写説】伊豆縦貫自動車道の建設現場を視察する石井国交相(中央)=河津町逆川