花火と一緒に“傘の花”を開く観客たち=南伊豆町の弓ケ浜海水浴場

 南伊豆町の「第41回弓ケ浜花火大会」(実行委員会主催)が8日夜、湊の弓ケ浜海水浴場で開かれた。750発を打ち上げ初めて手筒花火も行った。台風13号接近による小雨ながら多くの観客が集まり、地上には“傘の花”が咲いた。

 天候不順で開催が危ぶまれたものの、8日午前に実施を決め約8千人(主催者発表)が詰め掛けた。浜の東側から上がる海上花火やスターマインに喝采を送った。手筒花火は打ち上げ終了後、休暇村南伊豆前の浜で行い人だかりができた。町観光協会担当者は「幸い風はほとんどなかった。例年終わりが寂しかったので手筒を追加し好評でよかった」と話した。

 【写説】花火と一緒に“傘の花”を開く観客たち=南伊豆町の弓ケ浜海水浴場