地域住民の目を引くスイフヨウ=松崎町吉田

 松崎町吉田の町道沿いで、朝から夕方にかけて色が変わるスイフヨウ(酔芙蓉)が開花し、地域住民を楽しませている。

 アオイ科の落葉低木で、朝に咲き、夕方にはしぼんでしまう一日花。白い花から徐々にピンクの花へと変わっていく様子が酔った姿に似ていることから名前が付いた。

 同地区には町が2007年に、岩科北側から約200本を移植した。毎年この時期に次々と花を咲かせる。同地区の80代女性は「きれいでとても良い。ピンクと白の花が混在している時が一番好き」と話した。

 今年の開花は例年並みで、9月中旬ごろまで楽しめるという。

 【写説】地域住民の目を引くスイフヨウ=松崎町吉田