■既存施設は武道場に

 下田市は29日、市立中学校4校を1校に統合し、現下田中敷地に2022年4月の開校を目指す「新中学校整備基本計画」を市議会全員協議会に示した。

 計画によると、耐力度調査の結果、北棟校舎、南棟校舎、屋内運動場とも「健全度は比較的良い」と診断されたことから、校舎は既定方針通り増改築して使用する。体育館は既存の体育館を武道場として改築し、平屋建ての体育館を現在のテニスコートに新築する。テニスコートはグラウンドに4面新設する。

 全体事業費は、約23億円を想定。基本設計と実施設計委託料(債務負担行為)1億1500万円の補正予算を、市議会9月定例会に提出する。