伊豆半島高校会議所の設立に向け話し合う準備委員会のメンバー=下田商工会議所

 「伊豆半島高校会議所」の第1回設立準備委員会が1日、下田商工会議所で開かれた。まず賀茂地区4高校の有志高校生を会員に10月20日、同会議所で設立総会を開くことを決めた。

 高校会議所は、高校生の視点で地域の役に立つことを考え具体化していく町おこし団体。2016年2月に発足した富士宮高校会議所をモデルに、伊豆半島創造研究所(伊豆創研)が伊豆半島での設立を提案した。

 準備委員会は、県立下田高3年の若林洸基君と伊豆創研のメンバーら5人が出席。活動目標や活動方針などを協議し、準備委員長に若林君を選出した。

 設立後は、毎月1回定例会を開き、高校生の目線で企画を立ち上げる。活動としては地域振興イベントや地場産品を使った商品開発などが見込まれている。継続的に会員を募集し、将来的には伊豆半島全体に広げてきたいとしている。

 【写説】伊豆半島高校会議所の設立に向け話し合う準備委員会のメンバー=下田商工会議所