知事褒賞の受章報告をする細井さん(右)=河津町役場

 ■「今後も活動続けなければ」 

 「県障害を理由とする差別を解消するための取組に関する知事褒賞」を受けた細井佐織さん(46)=河津町田中=が6日、町役場を訪れ岸重宏町長に受章を報告した。

 細井さんは、聴覚障害や聴導犬に対する理解促進の講演、消防隊員向けの手話講座などの活動が評価されて同褒賞を受章した。手話通訳士を介して「褒賞をもらうのは初めて。自分の活動が認められてうれしい。今後も活動を続けていかなければと思った」と伝えた。

 岸町長は「幅広い活動をしていることに驚いた。今後、一層の活躍を期待している」とたたえた。

 【写説】知事褒賞の受章報告をする細井さん(右)=河津町役場