東海シニアソフトテニス選手権大会で優勝した樋口さん=下田市敷根

 ■「全日本でも勝ちたい」 

 第22回東海シニア・ソフトテニス選手権大会(東海ソフトテニス連盟主催)女子55歳以上の部で、下田市吉佐美の樋口紀代美さん(60)=市ソフトテニス協会所属=のペアが優勝した。

 同大会は今年7月に愛知県日進市の口論義運動公園で開かれた。年齢別の男女計13部門に305組が出場し、4点先取7ゲームマッチで競った。

 樋口さんは焼津市の植田民子さんと組んで出場した。ショットの不調が続くも予選リーグを1勝1敗でなんとか突破。気持ちを切り替えて臨んだ決勝トーナメントでは調子を取り戻し、準決勝で昨年の優勝ペアと対戦、最終ゲームまで競り合う熱戦を繰り広げた。勢いに乗り進出した決勝は、4−0で完勝した。

 県外の大会で優勝したのは初めて。樋口さんは、「優勝っていいですね。1位と2位でこんなに(うれしい気持ちが)違うんだなと思いました」と感慨深げに語り「全国にはすごい人がごろごろいるのは分かっているけど、いつか全日本でも勝ちたい」と抱負を述べた。

 【写説】東海シニアソフトテニス選手権大会で優勝した樋口さん=下田市敷根