県選抜チーム入りした下田ボーイズの投手・金具君

 ■制球力評価 12月、台北国際大会に出場

 日本少年野球連盟(愛称・ボーイズリーグ)の県選抜チームに、下田ボーイズの左腕投手・金具玲魁(れい)君(松崎中3年)が選ばれた。与えられた背番号は「4」。10月の「第25回村瀬杯・ボーイズリーグ府県選抜野球大会」と12月の「2018台北市国際青少年野球選手権大会」で投手陣の一角を担う。金具君は選抜入りを喜び「レベルの高いチームと対戦できるのが楽しみ。優勝できるようにピッチングでチームに貢献したい」と語った。

 ボーイズリーグは少年硬式野球団体の一つ。同連盟中日本ブロックの静岡県支部には15チームが所属する。

 金具君は、得意のカーブを武器に打たせて取るタイプで、「コントロールがとても良い」(下田ボーイズ・渡辺夏樹監督)と言われるように抜群の制球力を誇る。

 6月のボーイズリーグ県支部の大会で実力を評価されメンバー入りをした。

 「第25回村瀬杯」は10月13日から岐阜県で開催。中日本ブロック所属支部と京都府支部の代表12チームが参加する。

 「2018台北市~」は12月22日から台北市で開かれ、同地域と韓国、香港の代表32チームが集結する。

 【写説】県選抜チーム入りした下田ボーイズの投手・金具君