土砂や枝が流入したワサビ田=下田市須原

 10日夜に賀茂地区を襲った大雨で、山間部のワサビ田は土砂が流入するなど大きな被害を受けた。JA伊豆太陽の調査では11日正午までに下田市、松崎町、河津町で21件2ヘクタール余りの被害が確認された。

 下田市須原では12日、JA職員8人が現場で復旧作業を支援した。ワサビ田に土砂や枝が流れ込み、苗が全滅したところもあったという。作業は13日も実施する。職員は「山間部の奥深いところで発生している。まだ確認を進めている途中だ」と話した。

 JAの調査では松崎町池代で苗6500本4・9ヘクタール、須原で5ヘクタール、河津町大鍋で2・5ヘクタールが被害にあった。梨本や湯ケ野でも被害が確認されたが詳細は調査中という。

 【写説】土砂や枝が流入したワサビ田=下田市須原